婚約指輪の選び方とお返し

way to marriage

婚約指輪の選び方とは

婚約指輪の選び方 婚約指輪とは、主に男性から女性へ結婚したい意志を伝えるプロポーズの際に渡す指輪のことを指します。
指輪の石や地金の種類についてこうでなくてはならないという決まりはありませんが、プラチナ台に鑑定書と呼ばれるグレードの付いたダイヤモンドの指輪を渡すのが一般的であり、多くの女性はそれをイメージしているものです。
70年代~80年代ごろは、ダイヤモンドがいかに大きいかに重きが置かれており、予算は月給3ヶ月分、デザインはゴツっとした立て爪の高いプラチナ枠にダイヤが一石といったデザインがほとんどでした。
しかし、今は普段使いが出来るようなデザインが好まれ、結婚指輪と重ねてつけられるように相性を考えたり、できるだけ引っ掛かりのないように低めの枠で爪も華奢で目立たないようなデザインが好まれる傾向にあります。
女性にとって一生に一度受け取れる憧れの婚約指輪、「ここのブランドが欲しい」と夢を持っている方もいらっしゃるかもしれません。サプライズでのお渡しをお考えの方は、それとなく探りを入れておいた方が良いかもしれません。
昨今ではダイヤモンド以外に誕生石や真珠など、これまでの一般的な形以外の自分たちのスタイルで選ばれる方も増えてきています。それもまたカップルそれぞれの考え方があると思いますが、着けるのは女性ですので、女性の気持ちに寄り添った指輪選びが出来ればよいですね。

婚約指輪のお返しはどんなものをするか

婚約指輪をプレゼントしてもらって結婚することになったのであれば、何か婚約指輪のお返しをするべきなのでしょうか。
婚約指輪は高価なものでもありますので、お返しをするのが一般的です。どうしても返さなくてはならないというものでもありませんが、高価なものを頂いたのですから、これからの事も考えてお返しをするようにしておいた方がいいでしょう。
それではいくらくらいのものを返すようにすればいいのかというと、半額程度のものを返すようにするのが一般的になります。
どんなものを返すのがいいかとなると、彼と相談しながら決めていくようにした方がいいでしょう。人気があるものとしては、時計やスーツ、ネクタイピンなどがあります。仕事上でスーツを着ることが多い人なのであれば、スーツやネクタイピンなどをプレゼントするようにしてもいいでしょう。 数年に一度くらいしかスーツを着ることがない人の場合は、スーツをプレゼントされても着る機会がありません。時計などであれば、仕事の時でもプライベートの時でも使いやすくなりますので、喜ばれるものになるはずです。
彼の意見も聞きながら決めていくようにして、二人でいい記念になるものを選ぶようにしましょう。

「婚約指輪」に関するおすすめリンク

こだわりの国内唯一フルオーダーメイド鍛造指輪専門店のサイト

婚約指輪のオーダーメイド